入稿前に内容を確認

印刷機

データ入稿をする前に不備がないか確認する

印刷通販でのデータ入稿方法には、WEB入稿やメディア入稿、FTP入稿、ファイル便入稿があります。商品を注文したら、入稿方法を選択する事ができます。入稿データをファイルごとに圧縮して、最終確認のチェック内容を確認したら、完了です。印刷通販は注文方法が簡単で格安なのがメリットです。しかし、データ入稿をする前に注意をしないといけないのが、データの不備です。不備があったまま入稿をしてしまうと内容通りにチラシの印刷をしてしまうので、チラシの内容に不備があっても修正する事はできません。不備があると納期が遅れる事もありますので、入稿をする前に不備がないかもう一度目を通すようにしましょう。もし、入稿データに不備があった場合、印刷会社によっては問題があった箇所を知らせてくれる事もあります。印刷会社から連絡があったら、データを入稿した依頼者が修正する事になります。データを修正して、また入稿して問題がなければ、そのままチラシを印刷をします。印刷会社では依頼者が入稿された完全データ通りに印刷して、格安で会社や自宅に届けてくれます。完全データは、印刷の仕様に合っている完成されたデータです。印刷会社が確認するのは、チラシを印刷する時に入稿データに問題がないか確認はしますが、依頼者が作成したチラシなどの文章内容やデザインなどのミスはチェックしませんので、入稿する前に必ず内容に不備がないか確認をして下さい。入稿データをチェックする方法がわからない場合は、印刷会社のホームページでデータチェックのポイントを紹介されているところもあります。入稿データを圧縮せずに入稿してしまうとデータが開かなくなったり、リンク画像などの必要なデータが1つでも欠けていたりすると再入稿の対象になりますので、注意して下さい。データチェックのポイントは入稿データの種類などによって、違ってきますので、注文をする前に業者に確認はしておいた方が良いでしょう。印刷通販は格安でチラシを印刷する事ができ、誰でも気軽に利用できます。しかし、格安で印刷できても不備があったまま入稿をしてしまうと印刷ができなかったり、間違った内容のまま印刷をしたりする等のトラブルが起こる場合があります。スムーズにチラシの印刷ができるように入稿データを印刷会社に送る前に、内容を確認する事を忘れないようにしましょう。